• 鎌倉の救急医療・急性期医療を支える病院

    湘南鎌倉総合病院において、

    私たちは脳神経内科領域の診療、

    また臨床教育を通じて地域/社会に貢献します。

  • 脳神経内科は

    脳・脊髄・神経・筋肉の疾患を扱う診療科です​。

    対象となる症状としては、

    しびれ、めまい、

    うまく力がはいらない、

    歩きにくい、ふらつく、

    つっぱる、ひきつけ、むせ、

    しゃべりにくい、

    ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、

    ものわすれ、意識障害

    など多様にあります。

     

    治療に難渋する難しい疾患が依然多い領域ですが、可能な限り納得のいく診断とともに、介入可能な治療の実践/検討を行います。また病気とともに生活するための支援の方法を患者さん、ご家族と伴に一緒に考えていきます。

  • 私たちの考え

    私たちは脳神経内科疾患の診断/治療とともに、臨床研修医/専門医研修医教育に注力しています。

    地域の脳神経内科診療を支えています。

    よりよい臨床を目指して

    日本神経学会をはじめ、様々な学会の最新知識にキャッチアップしながら、日々の臨床レベル向上を目指しています。また、私たちは脳神経内科医の少ない地域で、地域の患者さんの治療が、なるべく地域で完結できるよう、努力を続けます。

    教育により、病院と共に成長しています。

    Training hospitalとして、臨床教育に注力します。

    臨床研修医、専門医研修医の教育を通じて、病院とともに私たちも日々成長しています。

  • 脳神経内科メンバー

    当科は、脳神経内科としての診療とともに、

    総合内科とも連携しながら診療を行っている特色があります。

    1. より良い臨床神経学の実践
    2. 脳神経内科の専門医研修
    3. 総合内科との連携/コンサルテーション、総合内科の中の臨床神経学
    4. 臨床研修医教育、専門医研修医教育、総合内科医のトレーニング
    5. 教育による病院/地域/社会貢献

    これらが私たちの興味領域です。

    私たちは仲間を求めています。

    一緒に成長しましょう。

     

     Photo credit: Leonardo Flaiban via Visual hunt / CC BY-ND

    川田純也

    脳神経内科専門医

    総合内科専門医

    脳卒中専門医

    日本認知症学会専門医

    頭痛専門医

    Photo credit: Robert Bejil Productions via VisualHunt / CC BY

    山本大介

    脳神経内科専門医

    総合内科専門医

    脳卒中専門医

  • お問い合わせ

    当科へのお問い合わせは、以下のメールフォームでお願いします。(担当:山本)

  • 教育スライドを公開しています。

    臨床知識を共有し、教育で社会に貢献します。

  • パーキンソン病患者さんと

    家族のためのガイドライン解説

    このスライドは、当事者とご家族向けの学習用スライドです。

  • 自分でパーキンソン病を疑い、紹介しよう!

    多様に症状があり逆に分かりにくいPDを、自信をもって専門医へ紹介できるようになるための学習スライドです。

  • パーキンソン病治療薬の休薬の仕方

    パーキンソン病患者の内服薬の静注薬への変更方法を学ぶスライドです。

  • 抗てんかん薬できったてんかん診療入門

    抗てんかん薬の使い方、特徴について学べるスライドです。

  • ERでの非専門医のための

    けいれん/てんかん診療ストラテジー

    けいれん、てんかん診療を学ぶスライドです。

  • 片頭痛診療、はじめの一歩。

    片頭痛診療の第一歩を踏み出すための診断知識と処方モデルを示しています。

  • まずはここから!脳梗塞の臨床病型診断入門

    脳梗塞の初期診断を整理して学べるスライドです。

  • 内科的脳梗塞診療の基本を押さえる。

    患者説明や検査の流れなど、実際の診療のアウトラインを説明しています。

  • 使いながら覚える実践的せん妄治療薬

    せん妄治療薬の使い方を学ぶスライドです。

  • 他にもスライドがあります。

    別ページのリンクもご参照ください。

    LINK

  • リクルートについて

    仲間を求めています。

  • 鎌倉で暮らす

    鎌倉で暮らしながら、脳神経内科の仕事を。

    海まで車ですぐ。

    ビーチ近くの、カフェやレストランも

    楽しめます。

    江ノ電のある景色。

    観光地で暮らす楽しみもあります。

    気軽に江の島へ。

    モノレールで、最寄りの大船駅から

    江の島へアクセスも簡便です。

    お寺巡りも。

    鎌倉まで、すぐにアクセスできます。

    都市へのアクセスも。

    大船駅から、横浜まで15分。

    東京までも40分。

  • 湘南鎌倉総合病院について

    湘南鎌倉総合病院は、忙しい病院、というイメージが強いと思われます。もちろん、忙しい病院ではあるものの、過去から当院は、若者たちの良きTraining Hospitalとして、忙しくも活気ある病院であり続けています。湘南鎌倉の圧倒的に素晴らしいところは、「やる気のある若者が集まり、彼らとともに成長できる場所」であることです。彼らとともに仕事ができることは、代えがたく貴重なことです。

    脳神経内科のあり方について

    当院は充実した救急診療体制が整っており、救急対応においては優秀な救急医がER診療に携わっています。救急初期対応後の入院診療を、病棟医が担っています。病棟医は、救急対応後の診療に集中して行える環境があります。脳神経内科は、総合内科と連携しながら、外来診療と入院診療を行っています。診療の主たるところは、プライマリーな神経診療であります。パ-キンソン病、パ-キンソン症候群、てんかん、脳血管障害、認知機能障害、ニューロパチー、脳炎、その他自己免疫性疾患などの診療を主として、その中で稀な疾患にも対応しています。

    脳神経内科の今後について

    現在2名で診療を行っています。地域としてはより多くの脳神経内科に対するニーズがありながらも、十分には対応しきれていない状況です。当院では、思う存分臨床の現場で医師としての力を発揮したい、というニーズに応えられる環境と言えます。臨床医としての成長は、実際に多くの患者さんと接しながら、自分自身の経験として消化しながらでないと、得られないと思います。稀少疾患の経験を積みたい、というニーズには応えにくい環境ではありますが、経験を積みながら、一緒により成熟した/充実した臨床医を目指せる環境がここにはあります。また、脳神経内科の当院でのあり方としては、今後いか様にも変わっていけるものです。自分でやりたい医療があるなら、一緒に相談しながら、やりたいことを体現できる場所になります。

    トレーニングについて

    もしもトレーニングを受けたい、というニーズがある場合には、伝え得る限りの技術と知識を提供します。当科は教育を一つのテーマとしており、臨床知識や技術の共有が、医師としての社会への還元方法の一つと考えています。専門医研修としては、稀少疾患の経験が得られにくいことはデメリットとして挙げざるを得ません。ただし、実践的な臨床神経学は、ここで一緒に学んでいけます。

  • リクルートのニーズにマッチするモデル

    • 新しい場所で自由に脳神経内科の臨床をやりたい。
    • 自由度の高い職場で仕事がしたい。
    • 専門医取得後、現場での経験を積みたい。
    • 外来診療も沢山やりたい。
    • 新しいことにチャレンジしてみたい。
    • 他の専門があるが、脳神経内科をサブスペシャリティーとして、短期間で学びたい。
    • ライフワークバランスを重視したい。
    • 内科の仕事をしながら、脳神経内科をやることも可能です。
    • レジデントの教育に関わりたい。
    • 鎌倉で暮らしてみたい。海の近くで暮らしてみたい。

  • 一緒に湘南鎌倉で

    働きましょう!

    ご連絡ください!

    LINEやZOOMでの

    インタビューも可能です。